葬儀や遺品整理の事なら專門業者へ依頼を【遺族安心ホットサービス】

葬式

葬儀の流れ

男性

365日いつでも寝台車は待機しています。なぜなら人は時間関係なく亡くなるからです。それが夜中になるかもしれませんし早朝かもしれません。常に対応出来るよう川口の葬儀社は準備万端なのです。

Read More

整理してくれる

合掌

大事な家族や知人がなくなると、何もする気が起きません。特に突然死の場合は気持ちの整理を付けるのに時間がかかってしまうでしょう。その場合は遺品整理を業者に依頼出来ます。

Read More

安くする

葬式

家族など大切な人がなくなると、葬儀など沢山やることがあります。中でも大変なのが遺品整理ですが業者に依頼をするといっても場所で価格に変化があります。少しでも費用が抑えられる取り組みをしましょう。

Read More

活用されている

遺品整理を東京の専門会社に任せたい方は、ココをご覧下さい。安心の明朗会計だから、追加料金が発生しませんよ。

大切な人を見送るときは、しっかりとした業者に依頼をしたい。中原区で葬儀場をお探しの人はココ!利用者の口コミで人気がある所を厳選しています。

歴史、宗教道具、法具としての数珠

男性

数珠は穴が貫通した多くの珠に糸を通したものの輪にしたもので、法具として使われています。 起源は古代インドまで遡るとされ、日本には仏教伝来とともに飛鳥時代に伝わったとされています。 宗派によって数珠の使い方にも差がありますが、法具として扱われるものなので、保管には専用の袱紗を使い、決して畳の上や机の上に直接おいてはいけないとされています。 本来は煩悩の数である108が珠の数として正式なものですが、片手数珠や略式数珠として半分の54珠、三分の一の36珠などが使われることも多くあります。 珠の形としては丸珠、ミカン珠、そろばん珠などがあり、宗派によっても違いがでます。一般的にはやはり丸珠が多く使われているようです。

使われる材質、種類などについて

数珠の材質は本来七宝がよいとされています。金、銀、玻璃、瑠璃、蝦蛄、珊瑚、瑪瑙が七宝のもともとの意味で、仏教で貴重とされる7つの宝をあらわしています。 現代では様々な材質で作られており、高価なものは翡翠、象牙、ラピスラズリ、針水晶が用いられます。また、天竺菩提樹、柘植、檜など、木材を使ったものも多く見られます。 女性には水晶や珊瑚など、明るいものが好まれています。 安価なものはガラスや樹脂製で作られたものもあります。いずれの場合も宗派によって形状や材質などの決まりもあるので、法具としての性質上マナー違反にならないよう注意が必要です。 また、男性と女性の場合で大きさや形状が違う場合もあります。 材質的には長持ちするものが多いため、故人から譲り受けた場合など中の糸だけを交換すれば、長く使えます。 一般に数珠の糸が切れると厄が切れるといい、縁起のいいこととされています。